【2023受賞】食卓に響くjazzsession

  • #戸建て
  • #全体
  • #二人暮らし
  • #モダン
  • #デザイン
  • #断熱
  • #500万円~
  • #暖色系

★リクシルメンバーズコンテスト2023敢闘賞受賞★

jazzボーカル教室の先生からのご依頼です。
歌手、ギター、など多種多様なメンバーが揃い、自宅で演奏したり歌ったりできるような空間。生徒さん達を招くスタジオとしても使えるリビングにしたいというご要望をいただきました。

グランドピアノを置くスペースを設け、乾燥や熱は楽器を痛めてしまうので暖房、断熱にはこだわられ、響きの良い無垢フローリングという仕様でリフォームさせていただきました。

プランの打合せからリフォーム完成に至るまで、サポート担当者と共にご納得のいく仕様、方法を探し、詳細を詰めて施工をさせていただきました。

After

【2023受賞】食卓に響くjazzsessionの画像1枚目です【2023受賞】食卓に響くjazzsessionの画像2枚目です【2023受賞】食卓に響くjazzsessionの画像3枚目です【2023受賞】食卓に響くjazzsessionの画像4枚目です【2023受賞】食卓に響くjazzsessionの画像5枚目です

Before

【2023受賞】食卓に響くjazzsessionの画像1枚目です
【2023受賞】食卓に響くjazzsessionの画像2枚目です

施工情報

建物種別
戸建て
家族構成
2人家族
リフォーム面積(m2)
31-50m2
リフォーム費用
800万円以上
施工期間
3ヶ月以上

タイトルの装飾です

ご要望
ジャズ歌手として教室を開催されていましたが、コロナ禍になり生徒さんの足が遠のいてしまわれたそうです。自宅も手をいれなければいけないタイミングだったということで、生徒さんが気兼ねなく教室に通えるようにと教室をしていた1階のリフォームを決意されました。 グランドピアノをメインに配置し、歌手、ギターなど多様なメンバーが揃い、一緒に演奏したり歌ったりできるようなスペースをLDK空間にもりこみたい。生徒さんのレッスンもゆとりをもって行えるようにしたいというご要望です。
ポイント
演奏スペースのあるLDKにするために、空間を大まかにブロッキングし、演奏スペースとくつろぎのスペースを分けました。レッスンの解説や演奏会の後に会食ができるように、ダイニングもゆったりと6人掛けが置ける空間としています。 サッシすべての性能向上は予算的に難しかったため、天井から下げる遮音カーテンに交換し、教室開催時は部屋のシャッターを閉め使用することにしました。 ピアノの位置や、歌手の位置をあらかじめ決めて照明を計画。演奏時にはまるでスポットライトを浴びているかのようになるのがご提案の大きなポイントになりました。
お客さまの声
レッスンを再開し、生徒さんたちが安心して歌っていることもよかったですし、自宅に教室があるのは通勤の手間もなくなり自身の負担も軽減できました。 床暖房は暖かく、キッチンも使いやすい。リフォームをやってよかったです。 居心地が良すぎるのか、時間通りにレッスンが進まないのは嬉しい悲鳴かもしれないです。

間取り図

【2023受賞】食卓に響くjazzsessionの画像1枚目です【2023受賞】食卓に響くjazzsessionの画像2枚目です
ページトップに戻るボタン