リフォームコラム子どもが健やかに育つための生活習慣とは?

ショートコラム

子どもの体の骨を丈夫にするには、睡眠と太陽の光が必要です。

紫外線は日焼けや白内障の原因になる一方で、体の組織を活性化させる働きがあり、成長期の子どもにはなくてはならないものです。

さらに、紫外線はビタミンDを体内で生成する働きがあります。ビタミンDはカルシウムを効率よく体内に吸収する効果があり、骨を強くします。そのため食べ物からビタミンDを取り入れ、紫外線を浴びるのがよいとされています。

また、寝ている間に成長ホルモンが生成されるため、質の良い睡眠を確保することも大切です。そこで、子どもの成長のためにも早寝早起きして起きてすぐに朝日を浴びる習慣を作りましょう。ぐっすり眠り、朝起きて太陽光を浴びると、体がスッキリ目覚めます。また、心身を安定させ、うつ病を防ぐといわれるセロトニンが分泌される効果もあります。

室内で太陽光を浴びても十分効果的なので、朝起きたら雨戸やカーテンを開けることを習慣にしたいですね。

  • 子どもが健やかに育つための生活習慣とは?

一覧へ

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ