リフォームコラム: 部屋の印象づくりに役立つカーテン

ショートコラム

大きな家具と違い、カーテンは洗濯もできる上に簡単に変えられるインテリアのひとつです。けれども視界に入る割合はとても大きく、部屋の床の色や壁紙、また家具との相性チェックも重要なポイントです。
選ぶ時のポイントをいくつかお教えしますよ。

生地の特長を生かしたスタイルを選ぶ

同じ生地でも、スタイルによってカーテンの表情は全く違うものとなります。平らなまま吊るし、ひだも何もないものだとカーテンそのもののデザインを生かせます。数本のカーテンを分けて垂らすもの、真ん中で2枚のカーテンを分けるセンタークロスのタイプもあり、生地の特長を見て、どのようなスタイルがよいか考えることができますね。

機能を重視した素材を選ぶ

デザインだけでなく、機能を重視したカーテンもあります。
花粉やハウスダスト対策として、それらを繊維に吸着させる機能を持ったものもありますよ。遮熱効果のあるカーテンは、夏の暑い部屋にばっちりです。遮光機能の高いものなら、東側の窓から朝早くに入る日差し対策として、寝室によいでしょう。

サンプルではなく既製品のサイズを見る

サンプル品の小さな布だけで決めてしまうと実際に窓にかけた時に違う印象を受けてしまうことがあります。そのため、既製サイズの商品を目にすることはとても大切ですよ。

春夏用、秋冬用に準備すると、簡単に季節感を感じられるお部屋ができます。お部屋の印象をカーテンで手軽に変えてみませんか?

  • 部屋の印象づくりに役立つカーテン

  • 部屋の印象づくりに役立つカーテン

一覧へ

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ