リフォームコラム: 空間を作る床材のチカラ

ショートコラム

インテリアというと家具や照明に目がいきがちですが、床材もお忘れなく。
床材は、カラーや素材の選び方次第でお部屋の印象をガラッと変えることができます。
どんな効果があるのかご紹介しましょう。

同じ床材を使って空間に広がりを

違う部屋であっても同じ床材を使うと、一体感が出て空間が広く感じられる効果があります。また、空間の表情が統一されるので、スッキリと見せる効果もあります。
たとえばダイニングとリビングがつながっている場合は、床材を同じにすると部屋が広く見えます。その他にも廊下と居室の床材を合わせると、廊下から部屋に入るときに空間の広がりを感じることができます。

異なる床材を使って別空間に

床材を分けるとそれぞれがまったく違う空間になります。仕事部屋や寝室など、他の部屋と空間をはっきり分けたい場合は、床材を別にしてメリハリをつけましょう。
同じスペースでもカーペットをコーナーの部分だけ敷いてくつろげるスペースにしたり、窓際にタイルを敷いて部屋にアクセントとなる床材をおきます。すると、その場所だけまったく違った印象の空間になりますよ。

どんな空間にしたいかを考えながら床材を選ぶのがポイント。視覚効果を利用して、住まいを最大限に活用しましょう。

  • 空間を作る床材のチカラ

  • 空間を作る床材のチカラ

一覧へ

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ