リフォームコラムリフォームで畳からフローリングへ!部屋の印象を大きく変えよう

Facebook連動コラム

畳が古くなった部屋は、フローリングにリフォームしてみませんか。和室リフォームの中でも多くの方がご検討されているのが、畳からフローリングへ張り替えるリフォームです。

リフォームコラム リフォームで畳からフローリングへ!部屋の印象を大きく変えよう リフォームコラム リフォームで畳からフローリングへ!部屋の印象を大きく変えよう

畳からフローリングにリフォームすると

・掃除がしやすい
畳の目に汚れが入ってしまうと、掃除がとても大変です。一方、フローリングは、サッと拭くだけで簡単に汚れを取ることができます。

・長持ちする
畳は自然素材のい草で編まれているため、使っているうちに表面の色が変わったりささくれ立ったりします。そのため、裏返しや表替えなどの定期的なメンテナンスや交換が必要です。一方、フローリングは摩耗に強い素材なので、よほど乱暴に使わない限り、数年で劣化してしまうことはありません。

・ダニやノミなどの虫が繁殖しにくい
畳は、ダニやノミなどの虫が繁殖しやすい傾向があります。畳の目に人のフケやほこり、食べかすなどが入ってしまうと、ダニはそれをエサにしてどんどん繁殖していきます。一方、フローリングには隙間がほとんどなく、簡単な拭き掃除でゴミや汚れが取れるので、ダニなどの虫が発生しにくいのです。

畳からフローリングにリフォームした当社の事例

畳からフローリングにリフォームした事例や、リフォームのアイデアをご紹介します。

部屋の中央に畳を残し、洋室へリフォーム
建物種別:一戸建て
リフォーム箇所:内装全般、和室から洋室へ
リフォームコラム-リフォームで畳からフローリングへ!部屋の印象を大きく変えよう

畳敷きの和室から洋室へリフォームしました。あえて畳を中心部分に残し、その周りをフローリング仕上げとしました。部屋の中央にくつろげる畳スペースを作り、畳もフローリングもどちらも味わえる空間を作りました。
元々あった仏壇部分はそのまま残し、和と洋を融合した使い勝手の良い部屋となりました。周りをフローリングにしたことで、部屋の雰囲気が大きく変わりました。

こんなリフォームはいかがでしょうか

リビングと畳の部屋が繋がっているような間取りの場合、間仕切りを取り払い、畳からフローリングへとリフォームすることで、ひとつの大きな部屋として使用することもできます。
リビングが広々と開放的になると、見た目がスッキリすることはもちろん、大勢のお友達を招いてのホームパーティが行えるなど、部屋としての用途もぐんと広がります。

いかがでしたか。畳からフローリングへリフォームするだけで部屋の雰囲気は大きく変わります。畳が古くなった部屋は、思いきってフローリングへリフォームしてみませんか。

  • リフォームで畳からフローリングへ!部屋の印象を大きく変えよう

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ