リフォームコラムライフスタイルに合わせた増築をする場合には

Facebook連動コラム

子どもが生まれたり同居したりなど、ライフスタイルが変わるタイミングで自宅の増築を検討する機会があるかもしれません。そうした際に、自宅がどのような仕上がりになるのか心配になる方もいるでしょう。そこで、どのような増築方法があるのか施工例をご紹介します。

外壁や内装はどうなる?リフォームで増築する場合の施工例 外壁や内装はどうなる?リフォームで増築する場合の施工例

部屋をリフォームし、増築する場合

部屋を増築するにはいくつかの方法があります。大きく分けると空いている土地に離れやスペースを増築する場合と、2階を増築する方法があります。
空いている土地に離れを建てる場合は、新築と同じように基礎工事から始まります。自分が希望する間取りや内装など、自由に設計できるでしょう。1階部分へ増築する場合は、外壁や内装などの部屋の雰囲気を既存の建物と似通わせるようにすると違和感のない増築ができます。

一方で、増築するときには法律にも気をつけてください。建築物は、建てられた時点の法令や都市計画に適合するように建てられていますが、年数が経って法律が改正されていると建物自体が法律違反と判断されてしまう場合があります。そのため、増築する場合は母屋も含めて最新の法令に適合できるようにしてください。また、2階への増築は、1階部分の補強工事や既存の屋根を一新する工事が必要になることもあるので、余裕をもって計画をしましょう。2階の増築も新しい外装と古い外装が馴染む形を目指したほうが無難です。

地下に部屋を増築する場合

もともとの敷地や間取りに余裕がなく、これ以上部屋を増やせない住宅の場合、一定の条件を満たせば地下室を作ることができます。ただし、すでに地上に建物があるため、施工方法も複雑になります。また、事前の地盤調査も必要なため、コスト面でも課題が多い増築となります。

増築した部屋に水回りの設備を備えたい場合

新しく作る部屋にキッチンやトイレ、お風呂などの水回り設備を作る場合は、増築以外に配管工事が必要になります。既存の配管が通っている部屋から近い場所に作ることで、スムーズに増築することができます。

ベランダやバルコニーを増築したい場合

洗濯物を干すスペースを作るため、すでに窓がある場所にベランダやバルコニーを増設する場合は、通常の増築よりも難易度は低いと言えます。しかし、ベランダの脚をかけるスペースがとれるかどうか、家の構造が耐えられるかについて事前に確認する必要があります。

確認申請とは

増築をする際には、確認申請(または建築確認)という手続きが必要です。これは増築の計画が建築物に関する法律に適合しているかを確かめるものです。増築部分が不要な場合もありますが、条件によるので必ずリフォームの際には相談するようにしましょう。

ライフスタイルに合わせた増築には、土地や、住居の間取りなどの制約がかかります。また、外装や内装も大きく変わる場合があり、古い場所と新しい場所の調和も考える必要があります。家族でしっかり計画を話し合い、納得できる形で増築を進めるようにしましょう。

  • ライフスタイルに合わせた増築をする場合には

一覧へ

検索条件の設定・変更

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ