リフォームコラム設定温度の目安は?暖房費を節約するおすすめの方法

Facebook連動コラム

家計を大きく左右する光熱費。その中でも、冬の暖房費に頭を悩ませているご家庭も多いのではないでしょうか。
暖房費は、少しの心がけで大幅に節約できることがあります。今回は、ご家庭ですぐに実行できる節約方法を考えてみましょう。

設定温度の目安は?暖房費を節約するおすすめの方法 設定温度の目安は?暖房費を節約するおすすめの方法

暖房器具と暖房費

暖房の設定温度は、20℃が目安と言われています。人によって、若干の体感の違いはありますが、20℃を大幅に上下しないよう心がけるのが良いでしょう。特に、大人数が集まるリビングなどでは、周りの人達と相談しながら温度を調節するようにしたいものです。
暖房器具というと、エアコンやファンヒーター、コタツ、石油ストーブなどが挙げられます。これらにかかる暖房費をどのようにしたら抑えられるか、いくつか方法をご紹介していきたいと思います。

エアコンの使い方に気をつける

エアコンは、年中使うご家庭も多いでしょう。その分、エアコン内の掃除が行き届かないことがあります。特に、フィルターにはホコリがたまりやすく、これにより消費電力が大幅に上がってしまいます。フィルターの掃除を定期的に行うようにしましょう。また、エアコンは立ち上げる時に最も電力を使うので、短時間の外出ならつけたままにした方がお得です。
そして、エアコンを使うと、部屋は乾燥しがちですので、室内の湿度にも気を配ってみて下さい。湿度が上がると、体感温度も上がります。

ファンヒーターをうまく利用する

ファンヒーターには、石油・ガス・セラミックなどありますが、どれも節約方法はほぼ同じです。熱効率を良くし、過剰なエネルギー消費を抑えることが節約のポイントです。
まずは熱風が室内にまんべんなく送り込間れるようにしましょう。ファンヒーターの前に物を置いたり、座り込んだりすると、そこで熱風が止まってしまい、部屋の一部しか暖まりません。
また、フィルターのこまめな掃除も効果があります。エアコンと同じように、ファンヒーターもフィルターにホコリがたまらないように心がけましょう。
設置場所は窓側を選びましょう。窓から入ってくる冷気で、部屋が温まりにくくなってしまいます。これを防ぐために、窓側にファンヒーターを置きましょう。そうすると、冷気をすぐに暖めて、部屋中に回すことができます。

サーキュレーターを使う

暖かい空気は軽いため、天井近くにたまってしまいがちです。エアコンやファンヒーターを使うときは、サーキュレーターを併用して、部屋全体に空気が行き渡るようにしましょう。部屋の空気が温まりやすくなり、電力消費をおさえたり、燃料消費を抑えることができます。

窓の断熱

断熱性能は、窓によって異なりますが、どうしても冷気が入ってしまうこともあります。カーテンを、厚手のものや長い丈のものに換えたり、窓ガラスに断熱シートを貼ることで、部屋を暖かく保つことができます。部屋の温度が下がることを防ぎ、無駄な消費をおさえます。

ここでご紹介した方法は、どれも今すぐにできることばかりです。重要なのは、温まりやすく、熱の逃げにくい環境や使い方に考慮することです。少し手間がかかると思うことも、長い目で見れば暖房費を節約できるので、休日などにご家族で取り組んでみてください。

  • 設定温度の目安は?暖房費を節約するおすすめの方法

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ