リフォームコラムマンションでもできる!サイズぴったりの浴室リフォーム

Facebook連動コラム

マンションの浴室で最も使用されているのがユニットバスです。耐用年数はおよそ15~20年程度。コーキングの劣化やパネルのひび割れなどを放置していると、壁の腐食や水漏れが起こりかねません。トラブル回避のためリフォームを検討してみましょう。

マンションでもできる!サイズぴったりの浴室リフォーム マンションでもできる!サイズぴったりの浴室リフォーム

マンションの浴室は3種類

マンションでよく使われる浴室には、ユニットバス、在来浴室、ハーフユニットの3種類があります。ユニットバスは、工場で部材を生産して現場で組み立てる浴室。在来浴室は防水加工してからコンクリートやモルタルで壁や床をつくり、タイルなどで壁材を仕上げます。ハーフユニットは床から浴槽、壁の下部が一体となっているお風呂で、壁や天井の仕上げは自由に変えられます。

リフォームの際に工法を組み合わせれば、マンションでもサイズがぴったりの浴室がつくれます。ユニットバスの入れ替えはもちろん、現状ユニットバスで、壁と床をタイルに変えたい場合、ハーフユニットを導入して在来工法で施工することも可能です。

マンションの浴室は素材を選んでリフォーム

壁・床・天井材
・樹脂材
ユニットバスに使われている素材で、強度があって軽いので扱いやすいのが特徴です。防水・防カビ加工が施されているため掃除が簡単。メーカーによって保湿力の高さや乾きやすさに特化した商品があります。

・タイル
種類や色が豊富なので、デザインにこだわりのある方におすすめです。冷たさを緩和させる、クッション性のあるタイルも人気があります。

・木材
ヒノキやヒバなど、水に強く腐食しにくい材木を使用します。コストはアップしますが、特有の芳香や高級感が味わえます。

浴室の素材
・FRP(繊維強化プラスチック)
防水性が高く、ユニットバスに使われる素材として最もポピュラーです。軽くて丈夫、補修も容易です。

・ホーロー
鋳物や鋼板に、ガラス質の釉薬を焼きつけてつくります。耐久性、保温性に優れていて、表面を覆うガラス質に高級感があります。ただし重いため、床の補強が必要になるケースがあります。

・ステンレス
錆びにくく保温性の高い合金です。傷は目立ちますが、FRPに比べ耐久性が高く、ホーローよりも軽いのが特徴です。

・人工大理石
天然の大理石に似せてつくられた素材で、アクリルやポリエステルが主成分です。アクリル系は光沢や透明感があり、ポリエステル系はアクリルに比べ安価な傾向があります。

・木材
耐久性、耐熱性に優れていますが、掃除を怠るとカビが発生しやすいのが難点です。使用後に乾燥させる必要があるため、新鮮な空気を取り込める設計にしましょう。

マンションの浴室をリフォームする前に注意したいこと

マンションの管理規約を再確認
お風呂の場所を移動したいとお考えの場合は、水回り設備の大幅移動が可能かどうか、管理規約を確認しましょう。また、ジェットバスなど振動が発生する設備は、管理組合の承認が必要となるケースがあります。

搬入・施工に関する注意点
マンション入り口からお風呂まで、スムーズに資材が搬入可能かチェックしておきましょう。また、築年数の古いマンションは、排水管が劣化している場合があります。マンションが行う大規模修繕の時期を確認しておくと安心です。

浴室は一日の疲れを癒やす大切な空間です。掃除のしやすさや、保温性、換気機能などを重視してリフォームしましょう。

  • マンションでもできる!サイズぴったりの浴室リフォーム

一覧へ

検索条件の設定・変更

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ