リフォームコラムフローリングだけじゃない!材質いろいろの床リフォーム

Facebook連動コラム

床のリフォームといえば、木質系床仕上げ材の「フローリング」が一般的です。しかし、床材にはフローリング材以外にもさまざまな種類があります。お部屋の印象を簡単に変えられる人気の床材と、用途に合わせた選び方をご紹介します。

フローリングだけじゃない!材質いろいろの床リフォーム フローリングだけじゃない!材質いろいろの床リフォーム

定番の「フローリング」

フローリングは無垢フローリングと複合フローリングの2種類があり、さらに複合フローリングは、表面の仕上げの違いで3種類に分けられます。

無垢フローリング
「木」本来の味わいを感じられ、材木を重ねずに単板でつくられています。季節によっては反りや縮みが気になりますが、空気が乾燥すれば水分を発散し、湿度がたかまると水分を吸収する調湿効果があります。天然素材なので、使い込むほどに味が増します。

複合フローリング
無垢材に比べキズや汚れに強く、防音・床暖房対応商品もあります。「突板フローリング」「挽板フローリング」「シートフローリング」に分けられ、突板フローリング、挽板フローリングは薄い天然木を基材に貼り合わせます。どちらも天然木を使っていますが、挽板のほうが厚い木を貼り合わせるため、突板の場合はキズや剥がれで中の集成材が見えてしまうケースがあります。
挽板の見た目はほぼ無垢材と変わらず、加えてメンテナンス性も優れているため、無垢より高価な商品も存在します。
シートフローリングの表面は木目を印刷したシールです。木の風合いはありませんが、印刷技術の向上によって無垢材そっくりの商品もあります。表面加工されているので、日々の掃除を楽にしたい方におすすめです。

デザインと機能が豊富な「クッションフロア」

シート状の床材で、中間層に発泡塩化ビニールを使って衝撃吸収性を高めています。住宅用よりも厚い、ペット・店舗用の商品もあります。水に強く汚れが落ちやすいので、洗面所やキッチン、トイレなどの水回りによく用いられます。
最近はデザインも豊富になり、滑りにくさや消臭機能を持った商品も増えています。

耐久性に優れた「フロアタイル」

別名塩ビタイルとも呼ばれています。価格はクッションフロアよりは高く、フローリングよりは安いケースが多いでしょう。材質がビニールなので、衝撃音が響きにくく、転んでもケガをしにくいので、お子さまやお年寄りのいるご家庭におすすめです。
汚れが付きにくく落ちやすいので、メンテナンスは簡単です。デザインが豊富で質感もリアルに再現された床材なので、高級感があります。こだわりのインテリアに合わせやすいのが特徴です。

癒やしの空間に演出できる「畳」

昔ながらの畳は長方形で、長手方向に「畳縁」があります。今の畳は素材や畳縁のデザインが豊富なので、お好きなデザインにカスタマイズするのがおすすめです。最近は縁のない「坊主畳」「琉球畳」が人気です。折り返して縫うなどの手間が多いため、価格は一般的なものより少しお高めになるでしょう。しかし部屋全体がすっきりと広く見え、リビングの一角に少しだけ畳スペースが欲しいときなどにぴったりです。

床を変えるだけで部屋の印象が大きく変わります。納得の仕上がりになるよう、リフォーム箇所に応じて床材を選んでみてください。

  • フローリングだけじゃない!材質いろいろの床リフォーム

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ