リフォームコラムディアウォールで壁面に棚を作ろう!DIYで収納を増やすアイデア

Facebook連動コラム

「DIYで収納を増やしたい」という願いを叶えてくれるのが、「ディアウォール」です。
ディアウォールを使用すれば、たとえ賃貸物件でもネジや釘を使わず、壁面に収納スペースを作ることができます。ディアウォールを使うと、DIYでどのような収納ができるようになるのでしょうか。

ディアウォールで壁面に棚を作ろう!DIYで収納を増やすアイデア ディアウォールで壁面に棚を作ろう!DIYで収納を増やすアイデア

ディアウォールとはどんなもの?

ディアウォールとは木材の両端に取り付けて使用するアイテムです。バネの力で突っ張らせることで、木材を任意の位置に固定します。使用できる木材のサイズは2×4材、2×6材、1×4材、1×6材です。たとえば、ディアウォールで木材を柱として2ヶ所に固定し、その間に棚を設ければ、簡単に壁面収納スペースをDIYすることができます。

棚を作る際は、ディアウォール専用のL字型の棚受けをネジ留めし、その上に木材を設置する方法で行います。もし天井と床の長さに対して木材の長さが足りない場合は、中間部分をジョイントするアイテムを使用しましょう。

デッドスペースを活かして自由に収納を作る

収納を新しく増やそうと思った場合、既成のラックや棚を購入する、という方法をまず思いつくのではないでしょうか。しかし既製品の場合、縦横のサイズや奥行が決まっているため、置きたい場所にぴったり設置できないことがあります。

そんな時、ディアウォールを使用すれば、各家庭のデッドスペースに合わせた理想の壁面収納をDIYできます。棚の数や幅も自由自在です。また、床や天井を傷つけることがないため、賃貸物件でも安心して使用可能です。ただし、畳やクッション材の床で使用すると沈み込んで突っ張りが効かなくなってしまうので、沈み込まないように板などを挟む必要があります。同様にカーペットなど、ディアウォールが滑ってしまう場所では、棚が倒れてしまうおそれがあるため使用することができません。

ディアウォールを活用したDIYアイデア

ディアウォールで固定した数本の柱の間に棚を設けるスタイルが一般的ですが、他にもアイデア次第でさまざまな活用方法があります。たとえば壁にぴったりとデスクを密着させて、その寸法に合わせた棚をデスク上部に作成するのはいかがでしょうか。本棚にすることもできますし、文房具を置くスペースにしてもよいでしょう。

他にも、キッチンのシンクの奥に、調理道具を置く棚を設置して収納を増やすアイデアなどがあります。室内に設置した柱の間に、棚板ではなくハンガーポールを設置すれば、おしゃれな洋服掛けにもなるでしょう。また、収納以外にも、有孔ボードを取り付けて部屋の仕切りとして活用したり、小さい棚板などでキャットタワーを作成したりすることも可能です。
このようにディアウォールにはさまざまな活用方法があり、アイデア次第で利便性は大きく変わります。ぜひ、自宅のデッドスペースに合わせたアイデアを考えてみてください。

ディアウォールを使用すれば、お家の中のデッドスペースに合わせた収納を自由にDIYすることが可能です。また、収納だけでなくオリジナルのインテリア作りにも活用できるでしょう。お家のインテリアや収納にこだわるなら、ディアウォールを活用してみてはいかがでしょうか。

  • ディアウォールで壁面に棚を作ろう!DIYで収納を増やすアイデア

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ