リフォームコラムアイテム別で整理しよう!ウォークインクローゼットの収納アイデア

Facebook連動コラム

広い収納スペースが魅力的なウォークインクローゼット。
しかし、うまくスペースを活用しないと洋服が入りきらなかったり、ごちゃごちゃしてしまったりと、物置のようになってしまうことも。このようなウォークインクローゼットのデッドスペースをなくして、荷物を整頓するには、どのような方法があるのかを考えてみました。

アイテム別で整理しよう!ウォークインクローゼットの収納アイデア アイテム別で整理しよう!ウォークインクローゼットの収納アイデア

Tシャツやズボン、下着、靴下類の収納アイデア

ウォークインクローゼットは、ハンガーポールに吊した服の下の部分にデッドスペースが生まれやすいので、チェストと収納ケースを置きましょう。
Tシャツやズボン、下着、靴下といった畳んで収納するタイプの衣服を入れることで、効率的に収納できます。収納ケース内に洋服をしまうときは、平置きではなく縦置きにすると、取り出しやすく見た目もよくなります。さらに、ケース内に小さな収納ボックスをいくつか入れて仕切りとして使えば、下着や靴下などの細々とした衣類も収納しやすくなりますし、取り出すときにほかの衣類が崩れるのを防止できます。

また、ハンガーポールの下に低めのハンガーラックを用意して、ズボンやスカートなどを吊して収納するのもおすすめです。ジーンズやスカートは2つ折りにして吊しておくと裾が地面につきませんし、しわ予防にもなります。

ハンガーポールに洋服をかけるときは、丈の短いものから順にかけると、収納ケースを置くスペースを確保しやすくなります。ワンピースやコートなど丈の長いものは、クローゼットの端に寄せておきましょう。よく着る組み合わせがある場合は、先にコーディネートして1つのハンガーにまとめておくと、洋服を探す手間が省けます。

帽子やバッグ、アクセサリー類の整理

ハンガーポールの上に棚がある場合は、そこへ収納ボックスを置き、シーズンオフの洋服や帽子、バッグ、靴などのアイテムを収納しておきましょう。
同じ収納ボックスを複数用意すれば、見た目にもまとまりが出てすっきりします。かさばる洋服を収納ボックスにしまう際は、圧縮袋を利用してコンパクトにしておくとスペースを節約できます。また、どこに何をしまったのかをわかりやすくするために、収納ボックスにタグをつけておくとよいでしょう。チェストや収納ケースの上にファイルボックスなどを置けば、よく使うバッグをすぐに取り出せる状態で収納することもできます。クローゼットの扉の裏にフックを取り付けて、壁掛け収納として利用するのもおすすめです。

アクセサリーは収納ケースの最上段を割り当て、ケース内にトレーなどで仕切りを作り、個別にしまっておくとよいでしょう。こうすることで洋服とアクセサリーを同時に選ぶことができます。また、ハンガーポールに空きがあれば、吊り下げ式収納ポケットを用意して、帽子やアクセサリーを収納しておくと取り出しやすいのでおすすめです。

ウォークインクローゼットはハンガーポールに洋服をかけてしまうだけでなく、その上下の空間をうまく活用することで、そのほかのアイテムもすっきり収納することができます。ぜひ収納ケースや収納ボックスを用意して、クローゼット内を自分好みに整理してみてください。

  • アイテム別で整理しよう!ウォークインクローゼットの収納アイデア

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ