リフォームコラム優秀アイテムで、洗面室の収納問題を上手に解決

Facebook連動コラム

洗面台下のスペースを、有効活用するのは意外と難しいものです。「あそこには排水管があるから、収納スペースとしてはちょっと……」と考えている方も多いでしょう。
この排水管の問題をクリアすることのできる収納術を紹介します。ぜひ参考にして使い勝手のよい洗面室をつくってみてください。

優秀アイテムで、洗面室の収納問題を上手に解決 優秀アイテムで、洗面室の収納問題を上手に解決

洗面室の収納スペースを無駄なく使うための便利アイテム

洗面台下の収納スペースは排水管が通っているため、排水管を無視して設置できるアイテムを紹介します。
まず、ホームセンタなどでよく見かける伸縮自在ラックは、組み立てる際に排水管をくぐらせることができるので、デッドスペースを小さくすることができます。

ラックを組み立てるのが面倒という方は、突っ張り棒を設置する方法がおすすめです。横向きに1本設置すれば、スプレー式ボトルのハンドル部を引っ掛けることができます。覗き込んだときにスプレーが目の高さに並ぶようにすることで、残量もひと目でわかって便利です。
また、突っ張り棒を2本、あるいは3本平行に設置して、棚として使用することもできます。トイレットペーパーやちょっとした小物を置くスペースとして重宝するでしょう。

また、洗面台下のスペースで期待以上の働きをしてくれるのが、引き出しタイプのプラスチックケースです。こちらは排水管を避けて置く必要がありますが、排水管に触れないギリギリの寸法のものを選べば、たっぷり収納できます。ものを取るときに奥まで手を伸ばす必要がないので、取り出しやすさは抜群です。また、ケースの上面にものを乗せることも可能です。直接ものを置かないため、清潔感もあります。

その他、扉の裏側も収納スペースとして活用することができます。扉の内側に粘着フックを貼り付け、そこにドライヤーやヘアアイロンなどを吊り下げます。コードのあるものは収納しにくいといわれますが、吊り下げてしまえばスッキリと収まります。

インテリア性の高い洗面室の収納ポイント

ラックや突っ張り棒、プラスチックケースなどはどれも便利な収納アイテムですが、色や素材がバラバラになってしまうと見栄えが悪くなってしまいます。そんなときは色を統一してみたり、ステンレス製のラックを設置したりすれば、高級感を出すことが可能です。
ナチュラルな雰囲気にしたい場合は、塩化ビニール性のウッドラックを導入するとよいでしょう。水に強いので、洗面台下でも使用できます。

また、扉が付いていないタイプの洗面台下の収納スペースには、「見てほしいアイテム」を収納してみてはいかがでしょうか。
たとえば、インテリア性の高いバスケット、ちょっと高級なシャンプーやリンスのストックなどがおすすめです。
ただし、雰囲気を出したいからといって湿気に弱いアイテムを収納するのは避けましょう。あくまで洗面台の下の収納であることを忘れないようにしてください。バスケットのように通気性が高いアイテムや、撥水性のあるアイテムを選びましょう。

洗面台下の収納は上手に利用できないイメージがありますが、せっかくのスペースなので、できる限り活用したいところです。紹介したアイテムをフル活用して、使い勝手のよい洗面室づくりに挑戦してみてください。

  • 優秀アイテムで、洗面室の収納問題を上手に解決

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ