リフォームコラムすのこがおしゃれな収納やインテリアに!アイデア満載の簡単DIY

Facebook連動コラム

すのこはホームセンターや100均で簡単に手に入る、定番のDIY素材です。等間隔に薄い板材を打ちつけてあるだけなので、力に自信がない方でも加工しやすいのがポイントです。
すのこを使って、収納に便利な家具や、おしゃれなインテリア作りにチャレンジしてみませんか?

すのこがおしゃれな収納やインテリアに!アイデア満載の簡単DIY すのこがおしゃれな収納やインテリアに!アイデア満載の簡単DIY

すのこDIYの基礎知識

すのこは軽くて薄いのでコストが安い上、既に加工してある木材のため、仕上がり品質がワンランクアップします。お手頃価格のため、商品によっては反りや木目が気になることもありますが、初心者の方にとってはメリットの方が大きい素材でしょう。

使い方は主に2種類あります。作りたいアイテムに合ったすのこを購入してそのまま加工する方法と、お好みのサイズにカットor解体して使用する方法です。
解体する場合は、すのこの裏側にある縦に組まれた木材を、ゴムハンマーなどで叩いて外します。タッカー(細い杭)と接着剤で固定されているので、力加減を調整しながら均一に剥がしていきましょう。
最後に、ペンチでタッカーを外せばDIY素材の完成となります。稀に割れてしまうことがあるので、多めに素材を用意しておくと安心です。

すのこをそのままDIYする活用例

リビングやキッチンの壁にすのこをぴったりくっつけるだけで、壁面収納やウォールデコレーションにDIYできます。さらに、アイアンフックやS字フックを取りつければ、小物収納やグリーンインテリアを飾るスペースが作れます。大きめのすのこを使用する場合は、クロスピンと市販のすのこ専用フックを使うと便利です。

すのこは着色ナシでもOKですが、余裕があれば塗装にもチャレンジしてみましょう。
室内であれば蜜蝋や柿渋、そして木目やマットな質感を強調したい場合はヴィンテージワックスを使うのがおすすめです。屋外で使用するなら、下塗り材の役割を持つステインを塗ってからワックスを上塗りします。
ワックスの上に白いペンキを重ね、紙やすりでダメージを与えればシャビーシックに、重厚な質感が出るアイアン塗料を使えばカフェ風やインダストリアル風にアレンジできます。

組立て&解体が楽しいすのこDIY

ゴムハンマーに加え、木材カット用のノコギリ、ネジ、接着剤などを用意しましょう。マガジンラックやトイレットペーパーラック、キッチンで使用するスパイスラックなどは、すのこが横板2枚になるようノコギリなどで分割し、箱型になるようサイズを合わせてラック型に組んでいきます。
ラックの脇パーツになる天板・底板・背板を用意し、クギや接着剤で固定すれば完成です。底にキャスターを設置すれば移動式の収納ボックスやキッチンワゴンにも応用できます。余った角材は、フォトフレームやティッシュケースなどシンプルなアイテムに加工すれば無駄なく使いきれます。

すのこの素材はキリ・ヒノキ・スギ・パイン材などがあります。テレビ台やローテーブルなど負荷がかかるインテリアは、枚数を重ねたり、厚みのある素材を選んだりと工夫しましょう。アレンジ自由自在のすのこDIYで、おしゃれな住空間作りにチャレンジしてみてください。

  • すのこがおしゃれな収納やインテリアに!アイデア満載の簡単DIY

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ