リフォームコラムキッチンツールや収納を見直そう!使いやすいキッチンを作るアイデア

Facebook連動コラム

キッチンツールが取りにくいなど、キッチンで動きにくさを感じることが多いとストレスが溜まり、食事の準備や後片付けがおっくうになります。
「このままでいいかな……」と諦めずに、ちょっとしたアイデアで、ストレスフリーのキッチンを目指してみましょう。

キッチンツールや収納を見直そう!使いやすいキッチンを作るアイデア キッチンツールや収納を見直そう!使いやすいキッチンを作るアイデア

増えたキッチンツールを処分して使いやすく

キッチン全体を見渡して雑多な印象を持ったなら、物が多すぎるかもしれません。1年以上使っていない調理器具や代用の利くキッチンツール、キズや汚れが目立つ食器など、思い切って断捨離するのがおすすめです。
いくら収納アイテムを駆使しても、スペースのキャパシティを上回る物がある限り、調理や片付けのたびにフラストレーションが溜まります。あらかじめ必要な物の基準を決めておけば、迷わずに判断できるはずです。

物の出し入れをスムーズにして使いやすく

料理や片付けをするときにムダな動きが多いと、時間も手間もかかります。
よく使うキッチンツールや調味料、調理家電は目線の高さに集めて収納しましょう。大きさのある鍋やフライパンは重ねるとかさばって取り出しにくいので、仕切りスタンドやファイルボックスを使って縦に収納すると、すっきりコンパクトに収まります。電気ケトルやコーヒーメーカーなど毎日使う家電は、出窓に飾り棚を設置したり、壁面にコーナーシェルフを取りつけたりして、調理台やシンクには置かないようにします。作業スペースが増え、広々とキッチンを使えるでしょう。

狭いキッチンはデッドスペースを活用して使いやすく

狭いキッチンは、シンク上や吊り戸棚下にラックを設置するなどして、デッドスペースをうまく活用してみましょう。

調理器具類
おたまやフライ返しなどの軽いキッチンツールは、壁面にバーを渡してS字フックに引っかけたり、等間隔に穴の開いた有孔ボードを設置したりして、穴にフックをかければおしゃれな壁面収納になります。壁への打ち付けが可能であれば、重さのあるフライパンも引っかけられます。

水切りラック
まな板の調理スペースを確保するため、シンクをまたぐ水切りラックや、吊り戸棚から吊り下げるタイプの水切りラックを使うのがおすすめです。ボールチェーンが付属された商品なら、水垢の心配もありません。

まな板作業スペース
まな板を使った作業をするときに狭さを感じる場合は、シンク上に引っかけて平面が作れるスライドラックを採用してみましょう。取り外しが可能で、コップの水切りにも使えるため便利です。

冷蔵庫や食器棚の仕様を見直してみる

冷蔵庫は開く方向に壁や棚があると、扉の可動域を十分活かしきれません。食器棚や壁との間にゆとりを持たせると、使い勝手がよくなります。
炊飯ジャーや電子レンジが中間に配置できるスリムな食器棚は便利ですが、高い位置に棚があるため、人によっては毎回腕を伸ばす必要があるかもしれません。食器棚はなるべく目線の高さに食器が収納できるようなデザインを選びましょう。

キッチンは毎日使う場所なので、使い勝手をよりよくするために、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

  • キッチンツールや収納を見直そう!使いやすいキッチンを作るアイデア

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ