リフォームコラムリビング収納をワンラックアップするコツとアイデア

Facebook連動コラム

家族が集うリビングは、片付けてもすぐに小物や日用品であふれてしまいがちです。雰囲気を損なわない収納家具やアイデア小物を利用して、リビング収納のレベルをワンランクアップさせてみませんか?

リビング収納をワンラックアップするコツとアイデア リビング収納をワンラックアップするコツとアイデア

リビング収納のコツとは?

物のリストアップ
まず、リビングに何をどのくらい収納しているのか、簡単にリストアップしてみましょう。いまリビングに収納している物が、本当に必要な物かどうかを見極めることが重要です。物を減らしてから収納計画を立てると、片付けをスムーズに進めることができます。

不必要に物を置かない
たとえば小物や書籍が増えると、収納スペースに隙間なく詰めてしまいがちです。しかし、リビングはそもそも収納スペースではなく、家族やお客さまが快適に過ごすためのスペースであると考えます。リビングの収納スペースには、追加でサッと物を収納できるくらいの隙間を設けておきましょう。

また、ティッシュやお掃除グッズなど、消耗品のストック類がリビングの目につく場所にあると、日々の「キレイにしよう」という意識が低下してしまいがちです。カゴやボックスの中に入れたり、棚に布をかけたりして、隠して収納しましょう。

物の定位置を決める
「使ったら元の場所に戻すこと」が収納において最大のポイントになります。テレビのリモコンはテレビ台の上、学用品や習い事のバッグはお子さんの目線の高さに設置した棚やフック、ペットのブラシや爪とぎアイテム類はカゴに入れてキャビネットの上に……など、「ここに戻す」というルールを徹底し、物の定位置を決めていきましょう。

仮置き場を設置する
一時的に置いておきたい物がリビングに散乱していると、片付ける前に気分が滅入ってしまうものです。大きめの組み立て式ボックスや布製のランドリーバスケットなど、物の仮置き場を用意しておくことで、見た目もすっきりしますし、その後の片付けがはかどります。

収納家具を使ってリビングを片付けるアイデア

テレビボード
DVDやゲーム類はタイトルが見えるよう仕切りボックスに入れ、ゲーム機は機種ごとにトレイで分けて収納してみましょう。似た形状のケーブル類は、種類別にラベリングしたジップバックに入れておくことで、絡むことなく小さな引き出しにもしまうことができます。

キャビネット
インテリアとしても活用できるデザイン性の高いキャビネットは、リビングの目立つ場所に置くことができます。キャビネット内には、郵送物や学校からのお便り、カード類や文房具など、使用頻度の高いアイテムを収納しましょう。100均などのトレイを活用すると便利です。
普段あまり使わないような物は、押し入れやクローゼットに移動させます。使用頻度が異なる物を同じキャビネット内に収納してしまうと、なかなか整理整頓ができなくなってしまうため注意してください。

片付けられているリビングでは、居心地よく過ごすことができます。住まいに合わせた収納アイデアを活用し、整理整頓に振り回されないスマートな暮らしを手に入れましょう。

  • リビング収納をワンラックアップするコツとアイデア

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ