リフォームコラムデッドスペースを有効活用!壁の素材を見極めて、最適な棚作り

Facebook連動コラム

収納が少ないからと安易にキャビネットやカラーボックスを置くと、部屋が圧迫されて、狭さを感じるかもしれません。こんなときは、壁に棚を取りつればお部屋の広さを保てます。棚の設置に適している壁の見分け方や、傷をつけずに棚を設置する方法をご紹介します。

デッドスペースを有効活用!壁の素材を見極めて、最適な棚作り デッドスペースを有効活用!壁の素材を見極めて、最適な棚作り

壁材に合った棚作りを

ほとんどの壁にはクロス(壁紙)が貼られているので、壁の素材が分からない場合は画鋲を刺して確認します。画鋲の先に白い粉がついたら、「石膏ボード壁」で間違いないでしょう。日本国内におけるほとんどの住宅で使われており、耐火性に優れていますが、衝撃に弱い壁です。アンカーという部品を使って穴を開け、ネジやナットで取り付ければ、壁の内側の間柱を探す必要もなく、簡単に棚が作れます。

画鋲の先に何もつかない場合は「べニヤ板」であると考えられます。築年数の経った家屋に使用される壁材で、厚さの薄い木壁です。棚を設置する場合は、間柱を探し出して棚を設置する必要があります。間柱などを探すには、釘を刺したり、専用の下地センサーを利用したりしますが、最近ではスマートフォンと併用して間柱などを探すグッズも登場しました。

そして画鋲が刺さらないなら「コンクリート壁」の可能性があります。コンクリート壁はネジや釘などの金具を使ったDIYには向かない壁です。マンションの場合は共用部に含まれる壁もありますので、注意してください。この壁の場合、柱の役目を果たす木材と、その木材の規格に合った突っ張りアジャスターを利用した棚作りがおすすめです。木材を天井と床に渡すことで、釘などを使って壁の手前にしっかりとした棚を作れるので、コンクリート壁のマンションのみならず、賃貸のお部屋にもおすすめです。ただし、床が畳やクッションフロアなどの柔らかい素材の場合、垂直を保てないケースがありますので、状態をよく確認してから使用しましょう。

棚作りのアイデア例

作った棚に何を置くかを考えれば、自然と必要な棚の形が見えてきます。その場所に合った適切な棚を作りましょう。

リビングの広い壁に飾り棚
出幅の薄い壁掛け用の飾り棚を設置して、本や雑誌を部屋の内側に表紙を向けて飾りましょう。散らかりやすい雑誌を見せる収納で飾り付けることで、リビングがおしゃれな空間に早変わりします。

家電や家具の上に箱型の棚
テレビなどのオーディオ機器や低めのチェストの上はデッドスペースになりがちです。このようなスペースには、箱型の棚がおすすめです。箱型の棚は、DVDやゲーム機、ビデオカメラなど周辺機器の収納場所にもぴったりです。フタつきのBOX棚を使えば、ホコリの心配もありません。

キッチンの壁面に収納棚
吊戸棚とシンクの間にある壁面に棚を設置します。フックも一緒に取り付ければ、マグカップを引っ掛けたり、水切りを兼ねたキッチンお掃除グッズの収納場所としても使ったりできます。

お部屋の角にはコーナー用の飾り棚
広いスペースは取れませんが、扇形の木材を使用すれば、コーナーを活用したおしゃれな棚が作れます。小さな雑貨などを置くことで、お部屋のイメージ作りにも役立ちます。

収納棚を増やしたいときには、壁面収納がおすすめです。お気に入りの壁面収納や飾り棚を取り付ければお部屋の雰囲気も変えることができます。棚を設置して、収納を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • デッドスペースを有効活用!壁の素材を見極めて、最適な棚作り

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ