リフォームコラム紫外線をカット!暑さ対策にもなる窓リフォーム

Facebook連動コラム

夏は紫外線が気になるところです。紫外線対策というと、外出する際の日焼け止めや日傘などが連想されますが、実は家の中にいても安心できないということをご存知でしたか?
紫外線は窓からも入ってきますので、窓際で食い止めることが大切です。

紫外線をカット!暑さ対策にもなる窓リフォーム 紫外線をカット!暑さ対策にもなる窓リフォーム

紫外線対策は現代の常識

肌にダメージを与える紫外線には、波長の長いUVAと、波長の短いUVBがあります。
UVBは夏の時期に増えるため、紫外線対策というと夏がイメージされますが、UVAは一年を通じて平均的に地上に届きます。季節を問わず対策が必要といえるでしょう。

窓から入ってくる紫外線に注意

紫外線に注意が必要なのは、外にいるときだけではありません。紫外線が窓から室内に入って来ると、お肌だけではなく、家具や床などを劣化させる原因にもなってしまいます。
窓に近い場所はもちろん、室内で反射することで奥の方にも届きますので、室内全体への対策が求められます。

日よけアイテムを使った紫外線対策

窓から入ってくる紫外線を抑えるための方法をいくつかご紹介いたします。

カーテン
まずおすすめなのが、遮光カーテンで太陽光自体を直接カットしてしまう方法です。熱をさえぎる効果があるので、部屋の温度が上がることも抑えられます。
室内が暗くなってしまうのを避けたい場合は、レース生地でUVカット効果のあるものを選びましょう。

すだれ
竹や葦でできたすだれの遮光は、日本で昔から使われてきた伝統的な方法です。すだれは値段も安く、見た目も涼しげなため、今でも広く使われています。
窓の外に吊してそこに打ち水をすると、さらに遮熱効果を高めることができます。

グリーンカーテン
外壁など窓の外側にネットを張り、ゴーヤやキュウリ、ミニトマトなどを這わせたものがグリーンカーテンです。
日光をさえぎるだけでなく、植物の表面から水分が蒸発することで、周囲の温度を下げる効果もあります。種類によっては実の収穫や花も楽しめます。
ネットやプランターを用意したり水やりしたりする手間や、植物が伸びる時間も必要なので、計画的に行いましょう。

紫外線カットフィルム
窓に貼ることで、光は透過させ、紫外線のみをカットするのが紫外線カットフィルムです。貼るときには、多少の手間やコツが必要になります。
窓は面積も広いため、家族や友人などに手伝ってもらうとよいでしょう。

リフォームでできる紫外線対策

抜本的な対策としては、窓のガラスを、紫外線カットガラスへと変更するリフォームがおすすめです。
新築住宅に最初から採用されることも増えていますが、もちろんリフォームで後から変えることもできます。紫外線カットフィルム等のアイテムより耐久性が高く、また見栄えもよいため、ぜひ取り入れたいリフォームです。後付けのアイテムでは対処しづらい大きい窓にも紫外線対策ができます。

日差しが強くなる夏に備え、窓から室内に入ってくる紫外線対策を何かしらしておくことをおすすめします。
特に大きな窓などで太陽光を積極的に取り入れている住まいの場合は、紫外線も多くなりがちです。紫外線カットの対策を行い、快適に過ごしましょう。

  • 紫外線をカット!暑さ対策にもなる窓リフォーム

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ