リフォームコラムシャッターで強度アップ!リフォームでできる台風対策

Facebook連動コラム

強い雨や風が吹き荒れることにより、自宅の窓が割れてしまっては大変です。最近は大型の台風も多く発生しているため、心配になる方も多いのではないでしょうか。
窓にシャッターをつけるリフォームで、家族が安全に過ごせるようにしてみませんか?

シャッターで強度アップ!リフォームでできる台風対策 シャッターで強度アップ!リフォームでできる台風対策

台風で窓が割れる原因は?

台風が来ると強風で窓が割れてしまうイメージがありますが、多くの窓は風圧に耐えられるように作られているため、実は風で割れることはほとんどありません。
しかし、風が徐々に強くなってくると、まず木の枝が折れたり屋根瓦が外れたりして飛び始め、さらに強くなると看板やトタン屋根が飛来します。これらの飛来物がぶつかることで、窓が割れてしまうのです。

リフォームでつけられる代表的なシャッター

こうした飛来物から窓を守ってくれるのがシャッターです。ここでは、リフォームで後付けができるシャッターのタイプを2つ紹介します。

手動タイプ
手動で開閉するタイプのシャッターは、開ける際にかがんだり、閉める際に背伸びしたりする必要があると思われがちです。しかし、中には操作用の紐がついているものもあり、簡単に出し入れすることができます。また、シャッターを下ろすだけで自動的に鍵がかかるようになっているものは、防犯面でも安心できるすぐれものです。

電動タイプ
シャッターがゆっくりと動く電動タイプのものはリモコンで操作するので、開閉時の騒音が発生せず快適です。また、リモコンさえあれば部屋のどこからでも開閉できるため、わざわざ窓の側まで行く必要がありません。基本的にリモコン1台で1つのシャッターを操作しますが、オプションを利用することで複数のシャッターを同時に操作することも可能です。
台風の日でも外に出る必要がないのため、危険が少ないといえます。

遠隔操作ができるシャッターも!
電動タイプの場合、オプションのリモコンには様々な種類があります。
複数のシャッターを同時に操作するもの以外にも、シャッターをグループ分けして操作するものや、設定時刻になったら自動で開閉するタイマーつきのリモコンもあります。また、近年は無線LANや専用機器などを設置することで、スマートフォンのアプリを介して同時操作やタイマー設定を行うことができる機能も登場しています。

より安全に台風をやり過ごすための対策

リフォームでシャッターをつければ大型の台風が来ても安心です。ですが、より安全に過ごすためにも、台風の予報が出たら家の周りのものを屋内へ移動させるようにしましょう。
植木鉢やほうき、傘などを片付けるほか、物干し竿は落ちないよう物干し台から下ろし、物干し台は倒しておくと安心です。大きくて動かすことができないものはロープで固定し、万が一それらが動くような風が吹いても問題ないようにしておきましょう。

台風で家の窓が割れて、家族がケガをしてしまっては大変です。また、万が一窓が割れてしまった場合は、雨風が吹き込む中でガラスの片付けをしなければならないため大変危険です。
大切な家族を守るためにも、雨戸がない窓がある住居にお住まいの方は、シャッターを検討してみてはいかがでしょうか。

  • シャッターで強度アップ!リフォームでできる台風対策

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ