リフォームコラム暑い夏も快適に過ごそう!室内でできる暑さ対策

Facebook連動コラム

最近の夏の暑さは、ときには耐え難いほどの厳しさがあります。冷房をつけても室内の温度が下がるまでに時間がかかったり、効き目が十分でなかったりすることもあるでしょう。
そんな夏でもできるだけ涼しく過ごせるよう、かんたんにできる工夫をいくつかご紹介します。

暑い夏も快適に過ごそう!室内でできる暑さ対策 暑い夏も快適に過ごそう!室内でできる暑さ対策

室内が高温に……日本の夏の暑さ対策

屋外であれば風が吹いたり、雨が降ったりすることで、地面の熱気も空中に放射されます。しかし、ある程度密閉された室内の場合、どうしても熱気がこもってしまいがちです。日当たりの状態や、建物に使われている資材の種類にもよりますが、場合によっては室温が40度を軽く超えてしまうこともあります。建物自体も熱せられるため、夜になってもその影響が残り、室内の温度はなかなか下がりません。

夏の室内が高温になってしまうのは、空気がこもってしまうからです。そこで、部屋に熱気をこもらせないために、まず考えたいのが換気です。帰宅したら窓を開け、部屋の空気を入れ替えましょう。窓が複数ある場合は、それらを開けることで空気の流れができるので、換気が迅速に進みます。

窓が1箇所しかない間取りであれば、玄関のドアを少しだけ開けておくと効果的です。ただし、ドアチェーンをかけるなどして、防犯には気を配ってください。窓や玄関を開けることに加えて、換気扇を回しっぱなしにしたり、扇風機を窓の近くに置いて外に向けたりしておくと、強制的に熱気を外に出すことができます。

また、空気の通り道に家具などが置いてあると、空気の流れの妨げになります。換気効率が良くないと感じる場合は、可能な限り、設置場所を見直しましょう。

室内の暑さ対策1:ベランダからの熱を防ぐ

建物自体が熱くなると、その熱気が室内にも影響を与えます。そこで、少しでもその熱気を抑えるため、ベランダにすのこを敷くというアイデアがあります。すのこを敷くことで、ベランダの床が熱を持ちにくくなり、また太陽光の反射を抑えることができます。これにより、室内温度の上昇も抑えることが可能になるのです。すのこの上にプランターを置いて植物を育てると、さらに効果的です。

ベランダへの打ち水も良いアイデアで、とくにエアコンの室外機周辺に打ち水をすると、冷房効率が高まり、省エネにもつながります。

室内の暑さ対策2:直射日光を遮る方法

窓から部屋に差し込む日光を遮断することも、室内の暑さ対策になります。たとえば遮熱カーテンを使うと、太陽光だけでなく紫外線も大きくカットできます。

ブラインドにも日光を遮る効果があります。とくに蜂の巣のような形をしたハニカムブラインドは、遮光に加えて、室内の冷気を逃さず、外からの熱気を抑える効果が期待できます。

さらに最近増えているのが、植物を活用したグリーンカーテンです。ゴーヤやキュウリなどを、外壁に取り付けたネットにはわせることで、建物の温度の上昇を抑えることができます。なかでもヘチマは、葉が大きく、隙間なく茂るのでおすすめです。

夏の室内は、ときには40度を超え、生死に関わるリスクを招くこともあります。エアコンを適切に使うことは大前提ですが、ご紹介したような「ちょっとした工夫」により室内の暑さ対策をすれば、より快適に過ごすことができるでしょう。

  • 暑い夏も快適に過ごそう!室内でできる暑さ対策

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ