リフォームコラム体にも環境にもやさしい!自然素材リフォームとは

Facebook連動コラム

近年、自然素材を用いたリフォームが注目をあびています。使用する素材によって、住まいのイメージや住み心地はずいぶん変わってくるものです。リフォームで自然素材を使う魅力や、建材の種類をご紹介します。

体にも環境にもやさしい!自然素材リフォームとは 体にも環境にもやさしい!自然素材リフォームとは

自然素材リフォームとは

自然素材リフォームとは、その名のとおり自然素材を使ったリフォームのことです。自然素材とは天然素材とも呼ばれており、人工的に作られた物質を使用していない素材のことをいいます。

自然素材リフォーム最大の魅力は、自然素材ならではのぬくもりを肌で感じられることです。また、人口素材の場合は完成時から年数を経れば経るほど劣化していくものが多いのですが、自然素材は使い込むほどに味わいが出てくる、と感じる方も多いのではないでしょうか。
さらに、自然素材は廃棄したあと分解されて土に還るため、地球にやさしいといわれています。そして自然素材の特性である「吸放湿性能」により冷暖房費を抑えられるため、二酸化炭素の排出量を減らすことにもつながります。

化学物質を使った建材は「シックハウス症候群」を引き起こすおそれもあり、一部が近年問題視されています。その点、自然素材ならその心配もありません。これらの理由から、特に小さな子どもやお年寄りがいる家庭にとって、自然素材リフォームは特におすすめなのです。

自然素材リフォームに使われる主な床材

無垢フローリング
無垢フローリングは、天然木をそのまま一枚板にした無垢材を使用しています。素材は大きく、広葉樹系のナラ、チーク、チェリーなどと、針葉樹系の杉、檜、パインなどに分かれます。
広葉樹系の方が若干費用は高めになる傾向がありますが、どちらも木の良い香りが感じられ、リラックス効果が期待できます。また、暑い季節には湿気を吸収し、寒い季節には湿気を放出する調湿効果があります。


畳も自然素材の1つです。井草独特の香りやさらさらとした触り心地が魅力で、どこか一室は畳を敷いた和室にしたい、と希望する方も多い人気の素材です。吸湿性と断熱性に優れ、高温多湿な日本においてぴったりの床材といえます。最近では、畳のカラーバリエーションも豊富で、選ぶ楽しみも増えています。

天然石
大理石や石灰岩、御影石、安山岩などの天然石は重厚感があり、エレガントな雰囲気を纏うとして人気があります。石は熱を保ちにくいため触れると冷たく感じますが、床暖房も併せて備え付けておけば寒さが厳しい冬場でも安心です。

自然素材リフォームに使われる主な壁材

珪藻土
珪藻土とは、藻類の一種である珪藻が化石化したものです。
スポンジのように小さな穴がたくさん開いており、この穴が空気中の水分を自動で調節し、快適な湿度を保ちます。また、珪藻土には脱臭効果もあり、タバコやペットなどの生活臭が付きにくいという特徴があります。

漆喰
石灰石が原料である漆喰は、古くから建築材料として用いられてきました。漆喰はアルカリ性であることからカビが発生しにくく、押入れの壁など湿気がこもりやすい場所に多く使用されています。

建築生態学では、「住まいは第3の皮膚」とされており、人の生活に大きな影響を及ぼすと考えられています。それほどまでに、住まいに使用する素材の選択は重要です。自然素材は、健康や環境への配慮ができることはもちろん、機能面においても非常に優れています。自然素材リフォームを行い、快適な住まいを手に入れてみてはいかがでしょうか。

  • 体にも環境にもやさしい!自然素材リフォームとは

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ