リフォームコラム油汚れもきれいに落とす、換気扇のお掃除方法

Facebook連動コラム

キッチン周りの掃除をするとき、換気扇は特に大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。
掃除のコツがわかると油汚れが落ちやすくなり、換気扇の掃除がとてもはかどるようになります。家事の手間を減らすための、換気扇のおすすめ掃除方法をご紹介します。

油汚れもきれいに落とす、換気扇のお掃除方法 油汚れもきれいに落とす、換気扇のお掃除方法

換気扇が汚れる原因とは

換気扇が汚れるのは、調理中飛び散った油が、熱や光・酸素などの影響を受けて水飴のように固まった汚れの上に、ホコリが付着するためです。この汚れをそのまま放置すると、換気扇が空気を排出する力が弱まり、部屋全体に蒸発した油を含んだ空気が回ってしまうおそれが出てきます。
その結果、床や壁が油でべたついてしまうことも。また、ゴキブリは油をエサとしていますので、この繁殖を助長してしまうことにもなりかねません。これらのトラブルを防ぐためにも、換気扇の掃除は欠かさないようにしましょう。

換気扇の掃除を始める前に準備すること

換気扇の掃除を始める前に、いくつか準備すべきことがあります。

まず、誤って換気扇が動いてしまうのを防ぐため、換気扇の電源を切ってブレーカーも落としましょう。このとき、他の電化製品に影響が出ないように、キッチンのブレーカーのみを落とします。

次に、換気扇を取り外す際に転落事故が起きるのを防ぐため、足場になるものを用意しましょう。ガスコンロがある場所に登っての作業は決して行わず、踏み台や椅子などを用意した上で作業すると安全です。
また、換気扇の掃除中、キッチン周辺に油汚れが広がるのを防ぐために、新聞紙やビニールシートなどを使ってガスコンロや床を覆うようにします。そして、手が汚れたりケガをしたりするのを防ぐために、ゴム手袋も用意しましょう。

換気扇の掃除には重曹がおすすめ

換気扇の洗浄には重曹を使用しましょう。キッチンの油汚れは酸性ですので、アルカリ性である重曹を使うと手軽に落とすことができます。

まず、ぬるま湯と、ぬるま湯250mlあたり大さじ1杯くらいの重曹をバケツに入れて、重曹水を作ります。ぬるま湯を使うのは、油を柔らかくすることで汚れを落としやすくするためです。そして、重曹水の中に、分解して取り外した換気扇のフィルターやファンをつけ置きすると、汚れが浮かび上がってきます。
つけ置きだけでは完全に汚れが落ちないため、重曹水が汚れとなじんだら、使い古しの歯ブラシで残りの汚れを落としていきます。適度な大きさのバケツがないときは、シンクにゴミ袋を置き、その中に重曹水を入れてつけ置きしても問題ありません。細かい部品は、水切りネットに入れてつけ置きすると紛失しにくく、大変便利です。

換気扇の周辺や壁など、つけ置きができない箇所は重曹スプレーを吹きかけて油汚れを落としていきます。スプレーを吹きかけて数分経つと、つけ置きと同じように汚れが浮いてくるので、布やキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。
汚れが落ちたら、最後にもう一度乾いた布やキッチンペーパーで水気をしっかり拭き取って完了です。どうしても落ちない汚れは、ブラシで軽く擦ってみましょう。

換気扇の掃除というと、料金を払ってプロにサービスを依頼するイメージもあるかも知れませんが、実は家庭で簡単に行うことができます。清潔なキッチンを保つために、汚れたらできるだけこまめに掃除するようにしましょう。

  • 油汚れもきれいに落とす、換気扇のお掃除方法

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ