リフォームコラム狭いキッチンも収納力アップ!壁面を使った収納方法

Facebook連動コラム

「キッチンをもっとスッキリと片づけたい」と考えているのなら、壁面収納にチャレンジしてみましょう。
収納力をアップさせることができ、なおかつ見せる収納も実現可能な、手軽に実行できるアイデアをピックアップしてみました。

狭いキッチンも収納力アップ!壁面を使った収納方法 狭いキッチンも収納力アップ!壁面を使った収納方法

DIYで木の壁面収納を設置

壁面に取りつけたい幅、長さの木材とL字型の金具、ビスを用意してください。これらは、ホームセンターなどで手に入ります。設置には、ビスにあわせたプラスまたはマイナスのドライバーが必要です。

まずはキッチンの背面や側面など、棚を設置したい場所を決めます。そして、板に収まる位置にL字型の金具をビスで固定してください。このとき、なるべく石膏ボード裏にある木材下地に固定しましょう。壁の表面を硬いものでコンコンと叩き、音が変わるところに下地の木材があります。そこを狙ってビス留めしましょう。金具を壁面に固定したら、その上に板を載せて同じくビスで留めます。購入した木材にあらかじめニスを塗っておくと、見た目もよくなるでしょう。

フックで吊り下げ収納

フライパンや鍋は、キッチンの中でも収納場所に困りやすいアイテムです。そこでおすすめしたいのが、壁にフックを取りつける吊り下げ収納です。ホームセンターには強力な吸盤のついたフックもあるため、タイルやキッチンパネルにもしっかりと取りつけられます。
壁に吊り下げることによって、片づけにくかったフライパンや鍋がかさばることなく収納可能です。コンロのすぐ横に設置すれば、ワンアクションですぐに手にとれるため、効率よく調理もできるでしょう。
横一列に並べるように取りつけるのも悪くありませんが、互い違いやランダムに配置すればオシャレな見せる収納にもできます。吸盤式のフックなら取り外しも簡単なので、場所を変えたいときも簡単です。

既存の棚に小分けして収納

キッチンに吊戸棚があるのなら、そのスペースを有効に活用しましょう。そのままものを入れてしまうと奥のものがとれない、かさばるといった問題があります。小型のメッシュラックを使用すれば、かさばらずにお皿やカップなどを片づけられます。
また、小さな収納ケース、ボックスを使って小分けするのもおすすめです。小分けにしておけば、必要なときに必要なものだけ取り出しやすくなります。さらにケースを統一しておけば、見た目もスッキリしますし、片づけるときも簡単でしょう。

取っ手がついたボックスやケースだと、高いところに収納しても取り出しやすくなります。ホームセンターや100均で扱っているので、好みのケースを見つけてみましょう。

また、吊戸棚の扉をあえて外し、中を見せる収納にするアイデアもあります。色や形の同じボックスで統一すれば、見栄えのよい見せる収納に早変わりです。吊戸棚の中には稼働棚を設置してあることが多いのですが、あえてそれを取り外すのもひとつのアイデアです。

少しの工夫で、キッチン用品をうまく収納できます。棚を壁に取りつけるには少し道具も必要ですが、案外簡単にできるアイデアも。いろいろ試して、オリジナリティのあるキッチン収納に挑戦してみてはいかがでしょう。

  • 狭いキッチンも収納力アップ!壁面を使った収納方法

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ