リフォームコラムバスタイムグッズをすっきり収納するアイデア集!

Facebook連動コラム

浴室にはシャンプーやリンス、スポンジなどのバスグッズを収納することが多いものの、収納場所が少なく散らかってしまうことも珍しくありません。そこで、バスグッズ収納のお悩みをすっきり解決できるアイデアをご紹介します。

バスタイムグッズをスッキリ収納するアイデア集! バスタイムグッズをスッキリ収納するアイデア集!

タオルハンガーですっきり収納

タオルハンガーは建築時に取り付けられたものが多く、金属製であるため、丈夫で安定感があります。また、タオルを掛ける場所は手が届きやすく便利な位置にあるので、これを活用しない手はありません。

タオルハンガーは壁との間に幅があって、ものを立てかけるように置くことができます。使用しているシャンプーやリンスーの容器が角型であれば、壁にしっかりと立てかけられるため、そのまま並べて収納できます。容器の形状がそろっていれば見栄えもよくなるでしょう。ただし、角のない形状のボトルやチューブを立てかけることはできません。加えて、洗顔料のチューブや石けんを使用する場合は、別途ラックを設けるなどの対処が必要です。

タオルハンガーに取り付けるラック収納

タオルハンガーにステンレス等錆びにくい素材のラックを引っかけて取り付け、その中にバスグッズを収納する方法です。できればカゴ状になっていて、収納したバスタイムグッズが乾燥しやすいものがおすすめ。一定のスペースがあるラックは、チューブ状のシャンプーやリンス、洗顔フォームなども安定して収納できます。また、二段や三段掛けタイプのものもありますので、アイデア次第でさまざまなバスタイムグッズを収納することが可能です。
もしタオルハンガーがない、もしくは壊れていて使えないときは、突っ張り棒を天井近くに取り付ける方法もあります。その場合は、できるだけ邪魔にならない位置に設置しましょう。そこにS字フックを取り付けラックを紐で吊して設置すれば、遜色のない収納として使用することができます。このとき、突っ張り棒の耐荷重を確認して、新品のシャンプーやリンスーを置いても耐えられるものを使用しましょう。

壁に直接両面テープや吸盤などでディスペンサーを取り付けて、シャンプーやリンス類を入れ替えて使う方法もあります。ディスペンサーなので底面が床に触れることがありません。中身も出しやすく安定して設置することができますし、床にごちゃごちゃと置かないため、見た目もスマートです。デザイン性の高いものもたくさん市販されているので、浴室をおしゃれに使いたい方に特におすすめです。
ただし、一般的な両面テープは湿気に弱いため、ディスペンサーを固定するほどの強度はありません。また、浴室用の両面テープでもテープ跡が残ってしまう可能性があるので、賃貸などでは使用しないほうがよいでしょう。吸盤で固定するのが、壁を傷つけないもっとも無難な方法です。

バスグッズは、アイデア次第で使いやすくコンパクトに収納することができます。特に吊り下げ式のラックは、ぬめりやカビ対策も同時にできるので特におすすめです。まずは取り入れられそうなグッズを活用しながら、浴室内の整理整頓に挑戦してみてください。

  • バスタイムグッズをすっきり収納するアイデア集!

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ