リフォームコラムぐっすり眠れる!寝室リノベーションのポイント

Facebook連動コラム

ぐっすりと快眠できる寝室にリノベーションするためのポイントをいくつかご紹介します。
ポイントを押さえてリノベーションを行うことで、日々の疲れもしっかりと取れ、癒やされる理想的な寝室を手に入れられるでしょう。

ぐっすり眠れる!寝室リノベーションのポイント ぐっすり眠れる!寝室リノベーションのポイント

寝室リノベーションのポイント1:光や音に配慮する

ガヤガヤとうるさい部屋では眠りたくても眠れません。快眠するためには外部からの音をシャットアウトできる、静かな環境が必要です。そのため、リノベーションするときには防音性を向上させる工事を盛り込んでみましょう。

また、音だけでなく光にも配慮しなくてはなりません。窓を配置する場所によっては朝の日差しを強く感じることもあるので、注意しましょう。天窓を設置すると採光はよくなりますが、夏場などは早い時間から日差しが入りこみ、眠りを妨げられるかもしれません。

採光は大きく確保したいけれど早朝の日差しだけ気になる、という場合には、合わせて遮光カーテンを取り入れる方法もあります。必要なときだけしっかりと外からの光を遮ってくれるので、手軽な対策となるでしょう。

寝室リノベーションのポイント2:まぶしすぎない照明を選ぶ

あまりまぶしすぎる照明器具を選んでしまうと、眠りにつきにくくなる可能性があります。一般的な居室やリビング、ダイニングなどは輝度の高い照明でも問題ありませんが、寝室となると話は変わります。寝室は眠りにつくための部屋なので、照明にそこまでの明るさは必要ありません。

スタンドライトや間接照明、ブラケットライトなどを導入することで癒やしの空間を演出できるので、リノベーションの際には検討してみましょう。また、ライトは明るさをコントロールできるタイプがおすすめです。

寝室リノベーションのポイント3:落ち着きあるインテリアに

寝室はぐっすりと眠りにつくための部屋なので、落ち着ける環境でなくてはなりません。それを考えると、インテリアの方向性も決まってきます。壁や天井の壁紙、フローリングなどはなるべく落ち着ける色合いのものを選ぶべきです。

ブラウン系やベージュ系の色は落ち着きがあり、リラックスできるので寝室に使用するのにおすすめの色です。壁紙とフローリングの色を合わせるのもよいでしょう。ギラギラした派手な原色だと目も疲れてしまい、精神的にも落ち着きません。寝室のリノベーションではいかに落ち着ける空間を形成できるかがポイントになります。

寝室リノベーションのポイント4:トイレやお風呂と近くする

大掛かりなリノベーション工事の場合だと、間取りを変更することもあるでしょう。もし間取り変更まで行うのなら、寝室はなるべくトイレやバスルームの近くに配置することをおすすめします。

お風呂場と寝室が近ければ、浴槽で体を温めたあとそのまますぐにベッドに入れます。また、将来的にバリアフリー住宅にしたとき、トイレが近ければ行きやすいというメリットもあるのです。将来を見据えたリノベーションを検討しましょう。

寝室のリノベーションを行うことで、快適に眠れる素晴らしい環境が手に入るかもしれません。仕事の疲れやストレスなども快眠によって解消できる理想の寝室を手に入れるために、ぜひ参考にしてみてください。

  • ぐっすり眠れる!寝室リノベーションのポイント

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ