リフォームコラムシンク下収納のコツ!入れるアイテムと入れ方を見直そう

Facebook連動コラム

大抵の場合、キッチンのシンクの下には収納スペースがあります。しかし、このスペースを「うまく使いこなせていない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一度「入れるもの」や「入れ方」を見直してみるとよいでしょう。

シンク下収納のコツ!入れるアイテムと入れ方を見直そう シンク下収納のコツ!入れるアイテムと入れ方を見直そう

シンク下に入れておくとよいものは?

一般に「使う場所に納める」というのが収納の基本です。そういう意味で、シンク下には水やシンクに関わりがあるものを収納するとよいでしょう。
たとえば、ザル・ボウル・お鍋など、食材を洗ったり水を入れたりするための調理器具は、シンク下なら最短距離で扱うことができます。特に、大きく重いものであれば収納場所と使用場所が近いほうが楽に扱えます。他にも、お皿洗いや水周りの掃除に使う洗剤やスポンジ類、ゴミ袋やビニール袋なども、収納すると便利でしょう。

シンク下に入れないほうがよいものは?

シンク下の収納スペースは、あくまでシンクの下を有効に活かすための場所です。上では常に水(お湯)を使っているわけですから、温度や湿度は高くなりがちです。そのため、シンク下は一般に、食品の保存や保管には適しません。たとえば、お米の保管場所としてシンク下は便利な場所かもしれませんが、虫やカビが発生する原因にもなりますので、おすすめはできません。ただ、食品でも缶詰やしっかりと密閉された容器に入っているものなどであれば問題はないでしょう。シンク下自体のカビなどを防ぐ意味でも、時々は少し扉を開けて換気をしておくとよいかもしれません。

「観音開き式」収納の入れ方は?

一般に、シンク下の収納には扉が左右に開くタイプ(観音開き式)と、引き出しになっているタイプ(引き出し式)があります。収納のタイプに応じた入れ方をすることによって、シンク下収納を有効活用することができるでしょう。

観音開き式は、奥行きがあり使える空間が広いため高い収納力があります。しかし、それゆえあれもこれもと詰め込み過ぎて、奥にあるものが取り出しにくくなってしまうケースがよく見られます。このような場合は「スライド式」のカゴやファイルボックスなどを使うと、奥のものでも取り出しやすくなります。また、ラックなどを利用して空間を上下に分けると、さらに収納力が増しますので、こちらもおすすめです。

「引き出し式」収納の入れ方は?

最近では主流のタイプで最初から引き出し(スライド)が付いています。「奥までしっかり収納できる」「取り出しやすい」「中に何があるのか、よくわかる」「重いものでも容易に扱える」など、使いやすい仕様です。

引き出し式は上から見下ろす形になるので、入れる際に上下に重ねると下のものが隠れて取り出しにくくなってしまいます。そのため、横に並べて収納するのがポイントです。この場合も、カゴやファイルボックスなどを使うと、きれいに並べることができます。また、大きな引き出しの下にもう一段、高さのない「巾木(はばき)収納」と呼ばれる引き出しが付いていることがあります。ここは、位置としては少々使いにくい面もあるので、使用頻度の低いものを入れておくのがおすすめです。

シンク下には水周りで使用するものを中心に収納し、食品など湿気に弱いものは避けるようにしましょう。また、カゴやファイルボックスなどは100円ショップでも購入できますから、積極的に利用するとよいでしょう。

  • シンク下収納のコツ!入れるアイテムと入れ方を見直そう

一覧へ

検索条件の設定・変更

タグ

すべて表示

 
  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

  • ドローン診断実施中

  • リフォーム施工例が見たい

  • リノベーション施工例はこちら

ページ一覧

株式会社フレッシュハウス

会社情報

採用情報

お問合わせはこちら

0120-348-555 受付時間:9:00〜18:00
定休日 : 月曜日、日曜日
資料請求や見積もり依頼など何でもお気軽にお問合わせください 法人・業者の方はこちら

ページトップへ