太陽光発電は「売る」時代から、「貯めて使う」時代へ

トピックス

太陽光発電で作った電気を貯めておく事ができる「蓄電池」

今、注目されている蓄電池にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

太陽光発電のみ設置されているご家庭の場合…

太陽光発電の電力は、電気を使いたい時間帯に使えない!
日中に多くの電気を生み出せる太陽光発電ですが、単体では電気を貯める事ができないため、
朝晩など電気を多く使いたい時間帯に、発電した電力を利用できない問題がありました。

 

そんなデメリットを、お得な「売電」制度で解消
日中に発電して余った電力は、電力会社に買い取ってもらい、
「売る電気」と「買う電気」を併用させて、お得に電気を利用できる制度があります。

 

しかし…

 

残念ながら、太陽光発電の売電価格は年々下がる一方…
8年前と比較した場合、約半分の買取価格になってしまいました。
※表は太陽光発電の固定価格買取制度における売電価格(10kW未満/税込)です。

 


そこで今、注目されているのが蓄電池です!

自宅で作った電気は蓄電池に貯めて使おう!
日中に発電した電気を蓄電池に貯めて置く事で、
その電力を他の
時間帯に利用する事が可能になりました。

突然の停電でも蓄電池があれば大丈夫!
台風や大雪などの災害時に停電が発生しても、蓄電池があれば、
貯めている電力分だけ家庭で電気を使用する事が出来ます。


その他、蓄電池には様々なメリットがあります。
価格の安い深夜電力を蓄電池に貯めて、他の時間帯に使用する事もできるため、
設置する機器と使い方しだいでは、光熱費を約9割削減する事も可能になります

蓄電池の購入費用を補助金で補填できる場合があります
お住いの地域(または設置する場所)によっては、蓄電池を設置すると補助金が受けられる場合があります。

例えば、東京都にお住まいの場合、2020年の補助金は最大で60万円。(対象期間等、諸条件がございます)

ただし、予算に達ししだい終了となりますので、ご検討の際はお早めにご連絡ください!

 

まずは無料のお見積りご依頼・ご相談を!
太陽光ユニットの発電量やご家庭の電気使用料によって
どんな蓄電池を設置すれば良いか、無料でご提案させていただきます。

太陽光発電設置をご検討の方もOK
また現在、太陽光発電を設置されていない方も、ぜひご相談ください。
設置した場合に
どれくらいご家庭の電気使用料が減るのか?など、
詳しくシミュレーションする事も可能です。

お気軽にご相談ください!